イギリス留学の種類

イギリスへの留学は、英語学習はもちろん、インターンシップやワーキングホリデー、大学進学など様々なオプションから選ぶことができます。ただし、まずはあなたの英語力を上達させることが第一のステップであることはいうまでもありません。
多くの日本人留学生との話しの中でよく出てくるのは、「英語の文法はクラスの中でも良くできる方なのに、理解力と会話力に欠ける…」という悩みです。これは、最終的には英語力ということになるのですが、日本語と英語の違いでそうしても避けることのできない悩みともいえるのです。なぜかというと、日本語はヨーロッパやその他の言語との共通点が少なく、語彙力に欠けてしまうと同時に、アルファベットを使用するラテンを起源とするフランス語やスペイン語スピーカーと比較し、発音の違いに疎くなってしまうということが原因となっています。また、日本教育のあり方にもこの問題に貢献しています。この他の理由としては、一般的に日本人の耳は、イギリス英語よりもアメリカ英語に慣れているという事もいえるのではないでしょうか?映画や音楽と日常耳にする英語はアメリカからのものがほとんどではないですか?
このような要因を考えても、3週間で英語が初心者から上級者レベルになるのはまず無理です。
よって、EG-UKではあなたのニーズに答えることのできる効率的な留学のお手伝いを行っています。あなたのカウンセラーへ相談や要望をはっきりと伝え、あなたの理想に近い留学を実現してください。

  1. 語学留学
  2. ワーキングホリデー
  3. イギリス大学進学
  4. 専門学校/おけいこ事留学

語学留学 Language Study 

語学留学は、主に私立の語学学校、または、大学の運営する語学コースへの参加があり、特に参加資格は問われず短期から長期のコースを自分の目的に沿い、選ぶことができる。

大学の語学コースは、もともと大学のコースへ参加する留学生のための準備コースとして開催されたものであったが、最近では英語を学ぶ目的のみで申込みを受け付ける大学も出てきている。大学での英語コースは、ターム(学期)ごとに受け付けが行われ、学費も私立の語学学校より経済的なので長期(3ヶ月以上)イギリス留学を考えている人に向いている。
また、大学で講義が行われるので、キャンパス内の施設の利用やイギリスでの大学生活の様子がうかがえて興味深い。

私立の語学学校では、レベルに関わらず、短期から長期まで自分にあった英語コースや宿泊施設を選ぶことができる。経済的には少々高めであるが、英語力をしっかりつけたいという人や、1週間から3ヶ月以内の留学を考えている人、まったくの初心者の人など、最も一般的な留学のタイプである。語学学校によってプログラムタイプが異なるので、自分の希望にあった語学学校探しが留学を成功させるコツである。
また、語学学校の中には長期滞在の生徒へ大学進学の手伝いや、ケンブリッジ(Cambridge)試験コースへの参加を勧めるところもあり、その学校で最大限に学べるよう学校のカウンセラーを利用することが大切。

語学留学についての詳細はこちら
イギリスの語学学校リストへ

ワーキングホリデー Working Holiday 

ワーキングホリデーは、協定を結んだ2国間で、お互いの国の若者に相手の国の文化や生活様式に対する理解を深めてもらおうという目的で発足された制度。
イギリスは、2001年にオーストラリアやニュージーランド、カナダ等に加え、ワーキングホリデーを提供する国として参加。
イギリスへのワーキングホリデーは、18歳から25歳までの人に参加資格があり、ビザの申請が必要となる。イギリスへのワーキングホリデー希望者数は大変多いので、時期を見逃さないようにすること。毎年2月に受付が締め切られている。
第一次は、はがきの抽選となっている。はがきの抽選で受け入れられたら、審査官が納得のゆく様に審査用紙を記入することになる。
ワーキングホリデーでは語学力に特に制限は無いが、その国の言語がわからなければ、文化を理解したり、仕事をすることも難しいため、最初は語学学校に通う留学生がほとんどのようだ。ワーキングホリデーの利点は現地でのアルバイトが許可されるため、経済的にも有利な上に、仕事を通して学校では学ぶことのできない本当の英語を学ぶことができる。
ただし、語学学校へ通う期間は限られているので注意。

イギリス・ワーキングホリデービザの取得について

留学の種類ページトップへ

イギリス大学留学 University Placement 

イギリスの大学やカレッジはほとんどが公立校であるため、教育内容の水準に大きな格差は無い。ただし、幅広い分野にわたり世界最高水準の教育、研究活動を行っている伝統校もあれば、実質的な教育を提供している職業訓練校のような所もあるので、留学前に自分の申込み学校についてのリサーチは大切。

一般大学では、学士号(Bachelor’s Degree/3年間)やHND(Higher National Diploma/2年間)を取得することができる。ただし、大学入学にはその大学の要求する条件(Requirement)を満たしていなければならない。通常、Aレベル相応の高校の成績、英語のレベル(検定試験を要求する大学もある)、年齢(18歳以上など)が要求条件となる。

イギリスの大学への進学をサポートしてくれる語学学校をリストで確認

留学の種類ページトップへ

専門留学/おけいこ留学

大まかに分けて、公立と私立の学校で申し込み可能な専門/おけいこ留学。イギリスでは公立カレッジや私立の専門学校で専門的な知識や技術を学ぶことができる。専門と一言で言っても、さまざまな学科があり、最も人気のあるコースは以下のとおりである。

  • フラワーアレンジメント
  • アート&デザイン
  • 美容
  • 映画/演劇/音楽
  • ツーリズム
  • コンピューター関係など

ほとんどのコースで取得できる資格はイギリス/英国国内の公的資格なので、将来日本で役に立つ資格を取得したいという人は、自分の希望のコースの資格が日本で認められるか確認する必要がある。また、コースによって短期数ヶ月から長期2年前後のコースもあるので、何をどのレベルまで学ぶのかコース内容をしっかりと確認してから申込みをすること。コース内容が理解できないという人は自分の留学カウンセラーと相談するのもひとつの手である。

私立の専門学校では、1校で特定の分野を扱うところが多く、ビジネス、料理、デザイン、メディアなど学校の種類は多岐にわたる。
特にロンドンでは、ファッション関係の専門学校が多く、ファッションに敏感な日本人の留学生には大変人気がある。レベルや期間も学校やコースによりさまざまで、入学条件も公立に比べると入学がしやすいのが一般的。ただし、人気のある学校やコースでは、空きがすぐなくなってしまうので早めの申込みが必要となる所もある。

留学の種類ページトップへ

©EG-UK.com All Rights Reserved.