イギリス南部の地域情報

イギリス南部はイギリス国内の夏のリゾート地として人気のある、また、美しい自然の広がる地域です。首都ロンドンに比べると、人々もリラックスしており、都市や町のサイズも小さいので、人とのつながりを大切にしたい方や気候の穏やかな所を留学先として探している人は、ここの語学学校リストを参考にしてみてください。EG-UKのオフィスもイギリスで大変人気のある、おしゃれな都市ブライトンに位置しています。

ブライトン

昔は漁師町であったブライトンは、現在ではおしゃれで活気のある都市として生まれ変わりました。2002年にはその名のとおり、都市として認証され、様々なイベントが毎週のように行われています。
ブライトンには2つの大学(University of Brighton/University of Sussex)があり、学生用のイベントや留学生が都市のいたるところで見られる国際色豊かな学生都市でもあります。
ブライトンの観光名所は、ジョージ4世によって建設されたロイヤル・パビリオンで、空港からバスでブライトンへ入ってくると、その建物が出迎えてくれます。ここで忘れてはならないのがそのビーチで、夏の天気の良い日には座る場所がなくなるほど観光客と地元の人たちで賑わいます。

 





 

イーストボーン

イーストボーンは、19世紀ごろから保養地として人気の出てきた町で、郊外にはイギリスの典型的な緑が広がり、海岸沿いには石灰の真っ白な岸壁がそびえ立つ、ダイナミックな地形を持つエリアです。観光地として、また、自然愛好家に愛される土地「セブンシスターズ・パーク」へも車で約30分の距離にあります。
保養地であると理由からか、町は穏やかな雰囲気で、ロンドンから電車で1時間ほどで行けるのに、その大都市とは正反対の雰囲気を感じさせてくれます。
英語をじっくりと、落ち着いた環境の中で学びたいという方や、ハイキング等のイギリスの自然に触れたいという方に最適の場所です。
イーストボーンの歴史を知りたい方は、1804年に建設されたWish Tower(現在は博物館となっている)や町に点在する古い教会を訪問してみてください。






ヘイスティングス

ヘイスティングスの戦いで歴史で有名なこの町は、現在ではモダンなリゾート地として発展しました。海岸沿いの小さな町なだけに人々も穏やかで、イギリス名物のフィッシュアンドチップスがおいしいのは私の気のせいでしょうか。
ヘイスティングスの戦いは、1066年にフランスのウィリアム(ノルマン王)がこの土地に乗り込み、当時のイギリス王ハロルドを敗北に追いやったことで有名になりました。大帝国を築いたイギリス人にとっては苦念の歴史なのです。
現在は、モダンなショッピングストリート(イギリスではハイストリートと呼ぶ)や小さなお店、カフェで賑わう、イギリス南部で見逃せない土地といわれています。近い将来には、ロンドンからの高速電車を運行させる予定もあります。

 

©EG-UK.com All Rights Reserved.